最新の通信技術を形に    エトナ 株式会社      

ホーム

業務のご案内

商品のご案内

多面考課システム公平クン

会社情報

採用情報

お問い合わせ

飯田開発センター

7_12 甘辛調整無しの分布図・多面考課データは客観的・
次へ 次へ 最後
 ↓ 下の三角スイッチのクリックで、下記の文章を読み上げます。

下の図は、集計する時、
その職位、責任の大きさを考慮して設定する考課者ウェイトを織り込んで、
全考課者のデータを集計した結果の分布図です。

ここに登場する被考課者に対して、全部門を統括する、上位の考課者のウェイトを大きくすることで、
最終的な位置付けに近いデータが算出されますが、
中心化傾向の考課者、部分的なメンバーのみを考課して、
甘辛のあるデータ等、その不公平さを無視した単純な集計結果です。

甘辛調整無しのデータとは言っても、評定者は、
このシステムが、個々の評定者の評価の偏りを、多数のデータによる数学的比較によって、
ビジュアルに出力される事を理解しており、いい加減な評価がし難いと考え、真面目なデータとなっております。
しかし、単純な集計は問題を残します。

ある評定者は、この全28名の評定者の内、よく知っているメンバー3名のみを評価し、
その評価が、皆が評価する3名へのデータと比較して甘かったらどうなるでしょう。
逆に辛かったら。甘い評定者には、評価してもらった人は得をします。
逆に、辛い評定者に評価された人は損をします。

次頁で調整有りと無し、二つの画面の順位の移動を確認して下さい。

アクセスカウンター  7_12