最新の通信技術を形に    エトナ 株式会社      

ホーム

業務のご案内

商品のご案内

多面考課システム公平クン

会社情報

採用情報

お問い合わせ

飯田開発センター

7_4 厳正化傾向データの甘辛調整<
次へ 次へ 最後
 ↓ 下の三角スイッチのクリックで、下記の文章を読み上げます。

厳正化傾向の考課者、中西栄蔵氏のデータは、
29点ほど辛いため、その分だけ、右上方向に移動します。
同時に、中心化傾向の考課者の影響があり、全体と比較して、データの広がりが20%ほど大きかったので、
それを小さくしています。
この調整の結果、元のデータでは、すべての被考課者に辛いとされていた、点数欄の水色表示も消え、
僅かに、少し甘いというデータが発生したという結果となっています。

被考課者は、点数順に、右上から、並んでおります。
甘辛調整した結果は、図のように、被考課者全体が移動しておりますが、
「調整無しデータ」と順位、相互の位置関係は変わりません。
甘辛調整は、各評定者の被考課者全体に対する観方は、そのまま活かし、
集計に対する影響力を公正にしようとするものです。


アクセスカウンター  7_4  

ホーム業務のご案内商品のご案内多面考課システム公平クン会社情報採用情報お問い合わせ飯田開発センターページ