最新の通信技術を形に    エトナ 株式会社      

ホーム

業務のご案内

商品のご案内

多面考課システム公平クン

会社情報

採用情報

お問い合わせ

飯田開発センター

8.公平な考課反映を実現する  
最初 前へ 前へ 次へ 次へ 最後 インデックス
 ↓ 下の三角スイッチのクリックで、下記の文章を読み上げます。

より公正なプロセスから求めた、考課点数総合点を、
データとして、給与、賞与算出に直結します。

被考課者から見た、不透明な、曖昧なものを、できる限り排除する、このシステムの機能です。
年功をゼロにした、完全成果主義にしますか。

若年層には年功を残しますか。
高年齢層のベースを下げますか。
設定は自由に行って下さい。

前期との比較、総源資のチェック、成果給与、成果賞与を、職種、職場に合わせて算出することができます。
従来の年功型の数値からは、徐々に移行する処理、ソフトランディングも可能です。


公正な反映を実現

  BetuPage1.gif (5715 バイト)8_1. 公正な人事へシステムの仕組み・意思決定のプロセス

 

厳正な反映のための計算処理

甘辛、標準偏差を合わせ、職場の責任者の見解には、相当な重み付けをして集計した考課データ

この計算結果の考課点数は、その値のまま、反映計算に活かします

従来の賃金表方式では、この考課点数と、賃金表との結び付きに曖昧さを生じます

絶対考課を是として、積み上げてきた点数値を、その差を無視して

順位のみ活かして、賃金表にリンクする、最後に相対考課になっていませんか?

考課点数は順位だけでなく、点差の大小もあります

これは、賃金表の階段とは整合が取り難いものです

また、階段の一段が高ければ、上げるのに決心が要ります

下げることは、さらに難しい選択となりましょう

公平クン、点数差もそのまま活かす、その方が無理の無い処理と考えました

この点数をそのまま活かして

職場の、組織の歴史、環境に合わせ、年功と能力の反映度合いを柔軟に設定します

前期との比較、増減もチェックしながら

給与、賞与総源資を睨んで、最大値、最小値も睨みながら、答を探します

能力主義への漸進的移行

従来の年功的数値から、能力主義、成果主義への、漸進的移行の反映計算も可能です

能力主義、成果主義へのソフトランディングです

換言すれば、時系列での多面評価とも言えますが、前期までの評価も加味するものです



 前へ  8. アクセスカウンター アクセスカウンター  次へ