head_img
 新規の有償ご使用契約は、平成27年10月終了しました。

公平クンへご質問とお答

 質問部分をクリックすると回答が表示されます。

Q1. 既に人事データベース、給与計算システムなど、別のシステムにマスタデータがある。

Q2. 現在、社内には、評価制度、考課基準があり、それを大きく変更することはできない。このシステムで、考課項目メニューの設定の自由度はどうか?

Q3. 目標管理制度を導入しているが、このシステムは、目標管理とどのように関係付けることが可能か、その方法は?

Q4. 職能資格制度によって、各職種、等級を設定しているが、被考課者として、集団をどのように分けたらよいか?

Q5. このシステムの反映計算において、年俸等のダウン査定はどう行われるか?

Q6. 多面考課で、複数の考課者が考課しても、仲間同士の談合等で、データが歪められないか?

Q7. パソコンが、管理職でも、一人一台という体制ではない。この場合、システムの運用方法はどうなるか?

Q8. 職能資格制度によって、各職種、等級別の賃金テーブルを設定しているが、このシステムの反映計算は、このテーブルをどのように位置付けるか?

Q9. 多面考課の機能を生かして、下から上を評価するデータも加えたらどうか?360度評価は可能か?

Q10. 職場に、地方の小さな営業所など、少人数の部門があり、被考課者をよく知る複数の考課者を設定できない。解決方法はないだろうか?

Q11. 部門の中に少人数の職種のメンバーがおり、職種で分けると、人数が小さな集団となってしまうが?

Q12. 職務、職階別に詳細な職務基準と、評定基準がある。これを、このシステムに活かすことができないか?

Q13. 営業は、数字が出るので、機械的に査定でき、多面考課などの手続きは不要ではないか?

Q14. 部門業績も、賞与などに反映して、部門相互の競争意識を引き出したいが、その良い方法はないか?

Q15. 「公平クン」は、絶対考課ですか?相対考課ですか?

Q16. 自己申告制度の間違った運用、正しい運用とは?

Q17. 技術から、営業に等、職場の異動、担当職種の移動があった時、考課および、その反映には、職場移動のハンディをどのように折り込みますか?

Q18. 多面考課は、直属上司の権限を薄めることとなり、組織の統制力が弱まってしまわないか?直属上司のウェイトを、他部門の、斜め方向の考課者より大きくして、影響力に差をつけられないか?

Q19. このシステムの機能が多いことが、操作の、あるいは運用の難しさを想像させるが、ユーザーへの対応は、どのようになるか?

Q20. このシステムを導入するには、どのような準備が必要か? どの程度の期間が必要か?

Q21. 過去、人を評価した経験を持たない、そんな人達が、突然、このシステムで人事考課を始めたら、どんなデータになるか心配です。考課者訓練から始めなくてはならないのでは?

 


ページトップに戻る